プロポリス摂取でじんましんが起こることがある?

前へ
次へ

プロポリス摂取でじんましんが起こることがある?

プロポリスはミツバチがつくる自然物ですが、樹木の種類によっては花粉症の人にはアレルゲンとなる事があるので、プロポリスを摂取するとじんましんが出る事があります。

ミツバチは巣の周辺にある樹木の樹皮や樹脂、花粉を材料にしてプロポリスを作りますから、樹木の種類によってはアレルゲンとなる事があります。
特に花粉症の人は、プロポリスが何由来かによってじんましんやアレルギーが出る事もあるので注意してください。

他にもじんましんが出る事はあります。
プロポリスは本来自然由来の物ですから薬のような副作用は極めて少ないと言われています。
ただし肝機能障害がある人は、プロポリスが体に合わない事もあるので服用前に医師に相談しておきましょう。
希に好転反応でじんましんが出る事もありますが、この場合はしばらくすると症状は治まります。

もしもプロポリスに含まれる成分にアレルゲンがある場合は、服用してからすぐに症状が出ます。
ミツバチが作るものですから、蜂毒にアレルギーがある人が摂取すると心肺停止になる可能性もあります。
以前に蜂に刺された事がある人は可能性が高いですが、気づかずにいる事もあるため、念のためプロポリスを取り入れる前に、アレルギー検査をうけおくと安心です。

こればかりは個人差があるので予測が難しくなります。
アレルギー体質の人は自分でも注意しますが、プロポリスのように自然由来のものでも、高い効果が期待できる場合は、強く作用する事があるという事も理解しておく必要があります。
アレルギー反応はじんましんだけでなく、浮腫や嘔吐、呼吸困難などもありますので、万一プロポリスを摂取した直後にそういった症状が出たら、救急車の要請が必要になることもあります。

殆どの場合は問題ありませんが、不安なら医師に相談する、量を目安よりも少なくして試すなど工夫をしてください。
プロポリスの服用に関しては、アレルギーがある人、喘息持ちの人は控えるように注意書きがありますので、この場合は指示に従ってください。

ページのトップへ戻る